パソコンの修理・復旧

パソコンで修理・復旧を依頼するなら分解をしてはいけません。無駄な上にホコリが入ってしまいます。

パソコンの修理・復旧依頼前に分解をしない

ビデオデッキにビデオテープのテープが絡まって取れなくなったことがあります。いくら取り出しボタンを押しても無駄です。仕方なく蓋を開けると見事にテープが絡みついていました。なんとか手で外して元に戻しました。簡単な家電製品などであれば蓋を開けて様子を見ようとすることがあります。ただし蓋を開けたりすると保証の対象から外れることがあります。捨てる前に少し中を見てみよう位ならいいですが、どうしてもいるものならそのまま持っていきます。

パソコンが動かなくなったときにどうするかです。家電製品で開けて直したことがあるとどうしても同じようにパソコンでも直せそうに思います。家電製品には単に電気の接触を直すだけでいいものもありますが、パソコンの場合にそれぐらいの不具合で故障することは少ないかもしれません。その他の原因が考えられます。そこまで見ることができるかですがおそらく不可能でしょう。となると開けても無駄なことが多いのです。

パソコンの修理・復旧においては、依頼前に分解しないようにします。無駄だからも理由なのですが、それ以上に問題なのがホコリ等が入ることです。精密機械はほこりを嫌います。それらが入ることで別の問題を引き起こすことがあるのです。

Copyright (C)2017パソコンの修理・復旧.All rights reserved.