パソコンの修理・復旧

パソコンの修理・復旧を依頼するとき、電源をつけたり消したりを繰り返しするのはよくありません。

パソコンの修理・復旧依頼前は電源を付けない

一昔前テレビの調子が悪いときにどうすればいいかがありました。その時の方法はテレビの上部を叩くことです。そうするとなぜか調子が良くなるのです。昔のテレビは今のものより配線が単純で、調子が悪い原因としては何らかの接触異常だったと考えられます。叩くことによりたまたまその接触以上が解消したのだと思われます。今のテレビは精密でコンピュータなどが使われているので叩くと余計に問題が発生してさらなる故障の原因になります。

パソコンが故障をした時にもついしてしまいがちなことがあります。それは再起動や電源を何度も入れなおすことです。ソフトウェアの読み込み不具合などでうまく起動しないことがあるので、それを解消するには再起動などで簡単に直ってしまいます。良くあることなので、このようにして使えるようになった経験を持っている人も多いのです。しかし別の部分に問題を抱えているときはあまり再起動などをしないほうがいいとされています。

ハードディスクの読み込み異常の場合は再起動は余計に状態を悪くしてしまうと言われています。修理・復旧を依頼するときにはこれはおかしいと思ったら再起動をしたりするのではなく業者に早目に持ち込むようにしなければいけません。

Copyright (C)2017パソコンの修理・復旧.All rights reserved.